事業案内

事業内容

産業廃棄物(無機性汚泥)の再資源化処理

汚泥とは?
建物の基礎杭工事やトンネル工事などより排出される土砂のうち、含水率が高く泥状のものを建設汚泥といいます。
建設汚泥以外には、浄水場にて水道水をつくる過程より発生する土砂も汚泥となります。

当社は日量2,112m³の汚泥を再生資源として、リサイクルプラントにて用途に応じた品質規格の改良土へ再資源化処理しております。
当社は首都圏でも高い産業廃棄物(汚泥)処理能力をもった施設です。

建設副産物(発生土)の再資源化処理

発生土とは?
発生土は一般的には残土とも呼ばれ、その名のとおり建築工事及び土木工事などで建設副産物として発生する土のことです。
発生土は産業廃棄物に該当しませんが、土砂以外の産業廃棄物に該当するものが混入している場合は、それを取り除かなければ、産業廃棄物に該当します。

当社は、汚泥と同じように、発生土を再生資源として各種改良土へ再資源化処理しております。

改良土の製造・販売

改良土の製造において、平成18年に認証取得したISO(環境マネジメントシステム)をもとに受入検査、中間検査、出荷検査を経てさまざまなお客様へ安心安全な製品を提供いたします。

当社は都内最大級のストックヤードを保有しており顧客のニーズに応じた出荷を心掛けております。

事業所案内

事業所案内
ページTOPへ